青汁で痛風の激痛を和らげる?

痛風ってご存知ですか?
痛風というのは風が吹いただけでも痛みを感じる、
と言われているほどに非常に強い痛みを伴う病気です。

痛風の原因は、血液中に含まれている尿酸値が、
一定に定められている基準のラインを超えてしまった場合に起こるものです。
痛風というのは厄介なもので、
一度発症してしまうと完治が非常に難しいといわれている程に深刻な病気です。
痛風にかかってしまった場合には、
最初にしっかりと治療を行い、慢性化することを防がなくてはなりません。

ではなぜ痛風になってしまうのか。
それはプリン体と呼ばれる物質が深く関係しています。
プリン体というのは食べ物に多く含まれていますが、ビールなどにもたくさん含まれています。
そういったプリン体が多く含まれているものを口にしていると、
プリン体はどんどん蓄積されていき、最終的には尿酸が大幅に上昇し痛風になってしまうわけです。
つまり、できる限りプリン体を含んでいる食べ者を避けることが痛風の予防には欠かせないのです。

痛風の主な原因はプリン体の過剰摂取による尿酸値の上昇なのですが、
痛風の予防に非常に効果的な野菜があるのですがご存知でしょうか?
痛風により病院に行った時には、薬などを処方されますが、
その野菜をしっかりと摂ることも勧められる場合もあります。

その野菜というのはアルカリ性の食品です。
尿酸の排出を促進してくれる効果がありますので、そういった野菜をしっかりと摂る必要があります。
トマトやセロリなどには特に尿酸の排出を促す成分が多く含まれています。

その他も尿酸値を下げる際に効果的であるといわれる栄養素は、ビタミン、カリウムなどになります。
これらの栄養素は青汁に非常に多く含まれています。
青汁には尿酸値を下げるために必要な栄養分がたくさん含まれているということなんです。
食事の度に大量の野菜を食べるのは非常に困難ですが、
食事中に飲む飲み物を青汁にかえてみる、というのであればとても簡単ですし、精神的にストレスも少なくて済みますよね?

↑ ページの上部へ