青汁は本当においしいの?

青汁はまずい・・・というのは以前では当たり前のことでした。
「良薬口に苦し」の代名詞であるとも言えます。

しかし、現代における青汁というのは、
不味いものであるというイメージではなくなりました。
それは、青汁を販売している各メーカーが競い合って美味しく飲む方法を研究し、
おいしい青汁を作り出したからなんです。
http://www.lesdessousdujeu.com/に人気商品が紹介されています。
最近ではまずいものはほぼ需要がなくなりました。

さらに、もっと美味しくするためにハチミツを加える事などによって、
青汁本来の栄養素+その他の栄養素まで摂ることができるようになりました。
もともと青汁に含まれる栄養素は豊富ですがさらに他の栄養素も摂れるのは嬉しいですね。

青汁に使われている原料によっては特有の成分が含まれているので、原料それぞれの特徴も知っておくとよいかもしれません。
原料として使われている野菜は三大原料と呼ばれているケール・明日葉・大麦若葉のほかに、桑の葉やゴーヤなどいくつか種類があります。
その中から今回は三大原料の特徴をそれぞれ紹介します。

・ケールについてはこちらhttp://xn--u9j554ha105s1jfc08aix6a.com/

・明日葉についてはこちらhttp://www.icpp2008.org/

・大麦若葉についてはこちらhttp://www.networkpenetration.com/

現代人の食生活というのは一気に欧米化しました。
食事には毎回肉料理があるのは当たり前になりましたし、
魚や野菜を食べる場合でも揚げ物ばかりだったり・・・

そのような偏った食生活を続けた結果、日本人は野菜不足に陥り、
厚生労働相が発表している1日に摂取するべき野菜の量には全く足りていない状態です。
このような野菜不足は、大人だけでなく子供にも広がっています。
その結果、子供でもおいしく飲める青汁にすることが重要になったのです。

これまでは、野菜嫌いな子供に対して、親は様々な工夫をしてきました。
例えば、にんじんは食べても分からないくらいに小さく刻んだり、
なんとか野菜のニオイをごまかそうとしてきたんです。

それは食事を作る側からすると非常に面倒なことですし、
さらに小さく刻んでも子供は気づいてしまうんです。
そのような子供にとっても親にとっても、
おいしく飲める青汁で1日に必要な栄養素を摂ることができるようになったことは非常に嬉しいことだと思います。

子供でもおいしく飲める青汁は、大人でももちろん美味しく飲むことができます。
毎日の食事の際にお茶やジュースではなく青汁にしてみる。
お腹が空いた時にお菓子を食べるのではなく青汁を飲むようにする。
様々な工夫やアイデアによって青汁はもっと身近で便利なものになるはずです。
実際に青汁を体験した人の話はこちらhttp://sample.mods.jp/

おいしい青汁で健康になりませんか?

↑ ページの上部へ