青汁と野菜ジュースは何がちがうの?

青汁は身体に非常に良いとされています。
しかし、1日に必要な栄養素を摂ることができる青汁ですが、
実際は野菜ジュースでも良いのではないか、という事を考える方も多いのではないでしょうか?

確かに、青汁の原料である青菜も野菜に分類されます。
つまり、野菜ジュースとして分類することはできるでしょう。
しかし、青汁と野菜ジュースは作る過程が全く異なります。
そのため、一杯に含まれている栄養価にも大きく違いがあるんです。

例えば、野菜ジュースを作る時には、
フルーツや野菜をミックスしてジュースにします。
その時には、ニンジンであれば皮を剥きますし、
フルーツでも皮を剥きます。野菜に限らずフルーツもですが、
皮に特に栄養が集中している、という話を聞いたことはないでしょうか?
ジュースにする際に捨ててしまう普段はゴミとなる皮にこそ栄養が詰まっているんです。

しかし、青汁の場合は青菜を茎の部分から葉の先まで一切無駄なく利用しています。
そのため、皮を剥いた野菜とではその栄養かに大きく差が出るんです。
栄養面を重視して青汁を飲んでいる方にとっては、
野菜ジュースよりも青汁を飲んだほうが期待している効果を得ることができるんです。

一般的に販売されている野菜ジュースというのは、
リンゴやニンジンなど、甘い味の野菜やフルーツがたくさん含まれています。

甘い味がすることによって、
子供でも比較的おいしく飲むことができますし、続けるとしても苦にはなりません。

しかし、どうしても糖分を多く摂取してしまいますし、
フルーツの割合が多い分、栄養価も青汁には劣ります。


青汁は野菜ジュースに比べれば若干クセがあるため、飲みにくいと感じるかもしれません。
しかし、最近ではhttp://www.pest-one.com/で紹介されているようなおいしい青汁もたくさん販売されています。
それでも甘くておいしい野菜ジュースには劣るかもしれません。
しかし、健康的な暮らしをしたい、食べるのは嫌だけど野菜の栄養はとりたい・・・
このような本来の目的である「栄養を摂る」といった事を考えると青汁の方が断然オススメです。
効率の良い飲み方がhttp://www.teensonthegreen.com/で紹介されていますので参考にしてください。

こちらのサイトhttp://www.catalunya-lliure.com/にも、役に立つ情報が盛りだくさんです。参考にしてみてください。

↑ ページの上部へ